投資銀行への転職におすすめの転職エージェント・転職サイト9社を紹介!投資銀行の転職事情を徹底解説

MAGAZINE編集部のアバター
社外役員選任チーム

MAGAZINE編集部

  • twitter
  • facebook
  • line
  • linkedin
  • URLcopy
本コンテンツには、紹介している商品(商材)の広告(リンク)を含みます

ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。


企業の資金調達やM&Aなどの金融サービスを提供している投資銀行への転職は、高い報酬やキャリアアップのチャンスなど多くの魅力があります。しかし投資銀行の求人は数が少なく、採用難易度が高いため、転職は簡単ではありません。

そのため、投資銀行への転職を成功させるためには転職エージェントのサポートが必要です。

この記事では投資銀行への転職を目指している方に向けて、おすすめの転職エージェント・転職サイトを紹介します。

転職するメリットやデメリット、投資銀行が求める人材像なども確認しましょう。

サービス名特徴
LHH転職エージェントスイス発のアデコグループが運営。外資系投資銀行など、グローバルなハイクラス転職に強み。
リクルートエージェント日系投資銀行を含む、日系大手企業の転職におすすめ。日本有数のネットワークを活かし、多数の求人を保有。
アクシスコンサルティングコンサルやポストコンサルの転職に強み。平均転職支援期間が3年間と、長期のサポートを実施している。
コトラ金融・コンサルティング業界の転職に強い転職エージェント。他業界他業種への転職実績が豊富。
ビズリーチハイクラス人材向けのスカウト型転職サイト。投資銀行への不安がある場合に、市場価値を判断するのに最適。
投資銀行への転職におすすめの転職エージェント・転職サイト
目次
EXE[エグゼ]

Executive Introduction Solution

EXE[エグゼ]では、上場企業等での社外役員経験や非常勤監査役経験を持つ専門家をご紹介。
社外役員兼務社数4社以下、経験年数10年以上、女性社外役員など、
500名以上のプロフェッショナルとマッチングが可能です。

社外役員への就任希望の方はこちら

投資銀行への転職で活用できる転職エージェント・転職サイト9選

投資銀行は求人数が非常に少なく、採用基準も厳しいため転職サービスの活用は不可欠です。

特に投資銀行の転職に強みや実績があるサービスを選ぶことが大切です。

以下では、投資銀行への転職に強い厳選9社を紹介します。

LHH転職エージェント

LHH転職エージェント
公式サイト:https://jp.lhh.com/

LHH転職エージェントは、スイスの上場人材紹介会社アゴダグループが運営する転職エージェントです。

投資銀行など転職難易度の高い業界でも、業界別の専任チームがサポートしてくれるため、安心して転職活動を進められます。

また、転職者のうち62%が年収アップして転職しているため、キャリアの実現だけでなく年収アップも狙えます。

公式サイト:https://jp.lhh.com/

ロバートウォルターズ

ロバート・ウォルターズ
公式サイト:https://www.robertwalters.co.jp/

ロバートウォルターズは、外資系・日系グローバル企業の転職支援に強みをもつ転職エージェントです。

金融関連の求人が豊富にあり、バイリンガル・スペシャリストと呼ばれる英語を使う転職の求人で実績があるので、外資系投資銀行への転職を希望する方にも適しています。

英文レジュメのアドバイスなど、外資系に特化したサポートを受けられます。

公式サイト:https://www.robertwalters.co.jp/

アクシスコンサルティング

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

アクシスコンサルティングは、コンサルやポストコンサルの転職に強みをもつ転職エージェントです。

創業から20年で、5,000人以上もの現役コンサルの転職を支援してきた実績があります。

ポストコンサルの採用動向や転職ノウハウに詳しいので、ポストコンサルの転職先として投資銀行を検討している方は相談必須です。

平均転職支援期間が3年間と長期のサポートを実施しているため、適切な時期ではない転職を勧められることはありません。

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

コトラ

コトラ
公式サイト:https://www.kotora.jp/

コトラは金融業界やコンサル業界に強みをもつ、ハイクラス人材向け転職エージェントです。

単なる親身なサポートではなく、圧倒的な業界知識と情報をもとにした的確な分析・サポートを提供しています。金融業界を熟知したコンサルタントが在籍しているため、投資銀行への転職を徹底支援してもらえます。

個別企業の状況にも詳しく、企業のカルチャーや面接官の特徴を踏まえたうえでのアドバイスが提供されるので、採用の可能性を高めることができます。

公式サイト:https://www.kotora.jp/

ビズリーチ

ビズリーチ
公式サイト:https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは、ハイクラス人材向けのスカウト型転職サイトです。職務経歴などを登録することで、それを見た企業や一流ヘッドハンターからスカウトを受け取れます。

気になった企業とのみコンタクトを取ればよいので効率的に転職活動を進められるほか、スカウトの内容から自身の市場価値を判断することもできます。

投資銀行に転職したいけれど実現可能なのか不安な方は、登録して市場価値を把握しておきましょう。

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
公式サイト:https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウトは、人材大手リクルートが運営するハイクラス向け転職スカウトサービスです。

年収800万~2,000万円の高年収求人が多いので、年収にこだわりのある方は登録必須です。投資銀行の求人では業務経験を必要とする求人が多いので、投資銀行経験者に向いています。

登録した後はスカウトを待つだけなので、転職を急いでいない方も市場価値判断に役立てられます。

公式サイト:https://directscout.recruit.co.jp/

Movin’s Strategic Career

公式サイト:https://www.movin.co.jp/finance/

ムービンストラテジックキャリアは、コンサル業界特化型の転職エージェントです。

コンサルティングファームへの転職はもちろんですが、投資銀行やファンドなどの転職支援実績も豊富にあります。

コンサルタントのキャリアに精通しているため、ポストコンサルとして投資銀行を考えている方は相談してみましょう。自分では気付けないキャリアの可能性に気付ける場合があります。

公式サイト:https://www.movin.co.jp/finance/

JACリクルートメント

JACリクルートメント
公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、ミドル人材や外資系企業の転職を得意とする転職エージェントです。

業界に精通したコンサルタントが在籍しており、最新の市場動向をもとに転職を支援しています。

転職活動の支援実績は約43万人と圧倒的な実績があり、信頼できるエージェントです。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

ヤマトヒューマンキャピタル

公式サイト:https://yamatohc.co.jp/

ヤマトヒューマンキャピタルは、経営×ファイナンス領域特化型の転職エージェントです。

投資銀行やM&A、事業再生、PEファンドなどの転職支援を得意としています。業界未経験者の転職支援にも強みがあるので、未経験で投資銀行にチャレンジしたい方は相談してみるとよいでしょう。

応募書類や面接対策を徹底してサポートしてくれます。

公式サイト:https://yamatohc.co.jp/

投資銀行業界の採用動向

投資銀行業界の採用動向や求人の傾向を確認しておきましょう。

中途採用枠は広がっているが狭き門

以前は新卒採用文化が強かった投資銀行ですが、近年では多様な人材を確保するために中途採用枠も広げています。ただし求人が多いとは決していえない状況です。

採用基準も非常に厳しく、人気も高いため、外資系・日系ともに狭き門であることに変わりはありません。優

れた経歴を持っている方でも不採用になるケースは多々あるので、転職を目指す場合は転職エージェントのサポートも受けながら戦略的に活動を進める必要があります。

未経験でもチャンスがあるのは日系投資銀行

外資系投資銀行は基本的に経験者採用のみ行っているため、投資銀行業務が未経験の方は難しいでしょう。一方、日系投資銀行は未経験採用を行う場合があります。

ただしM&A業務経験やファイナンスの知識、英語力などは求められることが多いので前職での経験をいかにアピールできるかがポイントとなります。

監査法人出身の公認会計士や大手銀行、コンサルティングファーム出身者などは、投資銀行の業務に活かせる経験・スキルを持つと判断されるため、採用される可能性があります。

M&A案件の求人は堅調、デジタル化やESGもキーワード

求人の傾向としては、M&A案件が引き続き堅調です。内訳はベンチャー企業や事業継承、クロスボーダー案件などが該当します。M&A業務経験がある方のチャンスが広がっているといえるでしょう。

また、投資銀行はデジタル化やESG(環境・社会・ガバナンス)への対応などのイノベーションにも積極的に取り組んでいます。

たとえばブロックチェーンやAIなどの先端技術を活用して、業務効率化や顧客満足度向上を図っています。気候変動や人権などの社会的課題に対しても、投資銀行自身が持続可能な経営を目指すとともに、クライアントにもESGに関するアドバイスやソリューションを提供しています。

こうした分野の知識や経験がある人材は、アピールになるでしょう。

サービス名特徴
LHH転職エージェントスイス発のアデコグループが運営。外資系投資銀行など、グローバルなハイクラス転職に強み。
リクルートエージェント日系投資銀行を含む、日系大手企業の転職におすすめ。日本有数のネットワークを活かし、多数の求人を保有。
アクシスコンサルティングコンサルやポストコンサルの転職に強み。平均転職支援期間が3年間と、長期のサポートを実施している。
コトラ金融・コンサルティング業界の転職に強い転職エージェント。他業界他業種への転職実績が豊富。
ビズリーチハイクラス人材向けのスカウト型転職サイト。投資銀行への不安がある場合に、市場価値を判断するのに最適。
投資銀行への転職におすすめの転職エージェント・転職サイト

投資銀行に転職するメリット

投資銀行への転職は、転職できるかどうかという問題に加え、転職した後に活躍できるかという問題もあります。

転職することのメリット・デメリットを事前に把握し、本当に転職するべきなのかを考えておきましょう。

転職するメリットとしては、以下の点が挙げられます。

高年収を獲得できる

投資銀行は金融業界の中でも非常に高い報酬を得られる職種のひとつです。一般的に、投資銀行では企業の合併や買収、株式や債券の発行などの案件に関わり、その成功報酬や手数料を受け取ります。

高度な専門知識や分析能力、交渉力が必要な業務ですが、それに見合うだけの高い収入を得ることができます。

専門性の高い知識やスキルを身につけることができる

投資銀行では、金融市場や企業の財務分析、M&Aや株式公開などの複雑な取引に関わる機会が多くあります。

これらの業務を遂行するためには、高度な数理能力や経済理論、法律の知識などが必要です。また、クライアントとの交渉やプレゼンテーションも重要なスキルです。

投資銀行に転職することで、これらの専門性の高い知識やスキルを身につけることができます。自身のキャリアや将来の可能性を広げるために大きな武器となるでしょう。

国際的な経験やネットワークを築ける

投資銀行は、グローバルな金融市場に関わる仕事です。そのため、投資銀行に転職するとさまざまな国や地域の企業との取引や交渉を通じて、国際的な経験やネットワークを築くことができます。これは、自分の視野を広げるだけでなく、将来的にキャリアの幅を拡げることにもつながります。

また、投資銀行では多国籍な同僚や上司と一緒に仕事をすることも多いです。そのため、異文化や異なる考え方に触れることで、コミュニケーション能力や柔軟性も高めることができます。

優秀な人材とともに働くことができ、刺激や学びが多い

投資銀行は金融業界の中でも競争力の高い分野のひとつなので、多くの優秀な人材が集まります。

投資銀行では高度な分析力やコミュニケーション力、問題解決能力などが求められ、これらのスキルを持つ人材は他の業界でも引く手あまたです。投資銀行に転職することで、そうした人材と協力して仕事をすることができます。

刺激や学びが多い環境に身を置くことになるため、自分の能力を高めることにつながります。

サービス名特徴
LHH転職エージェントスイス発のアデコグループが運営。外資系投資銀行など、グローバルなハイクラス転職に強み。
リクルートエージェント日系投資銀行を含む、日系大手企業の転職におすすめ。日本有数のネットワークを活かし、多数の求人を保有。
アクシスコンサルティングコンサルやポストコンサルの転職に強み。平均転職支援期間が3年間と、長期のサポートを実施している。
コトラ金融・コンサルティング業界の転職に強い転職エージェント。他業界他業種への転職実績が豊富。
ビズリーチハイクラス人材向けのスカウト型転職サイト。投資銀行への不安がある場合に、市場価値を判断するのに最適。
投資銀行への転職におすすめの転職エージェント・転職サイト

投資銀行に転職するデメリット

今後のキャリアや報酬面を考えたときに非常に魅力的な投資銀行ですが、転職するデメリットもあります。

優れた経歴をお持ちの方でも耐えられないことがある厳しい世界なので、デメリットやリスク、自身の適性などについてよく把握しておきましょう。

ワークライフバランスの維持が難しい

投資銀行に転職するデメリットとして、ハードワークでワークライフバランスの維持が難しいという点が挙げられます。

投資銀行では、高い報酬と引き換えに長時間労働や緊急対応が求められることが多くあります。そのため、プライベートな時間や趣味を楽しむ余裕がなかなかないでしょう。家族や友人との関係も疎遠になりがちです。

投資銀行に転職することは、キャリアアップやスキルアップのチャンスですが、自分のライフスタイルや価値観に合っているかどうかをよく考える必要があります。

厳しい競争やプレッシャーがある

投資銀行では優秀な人材が集まり、常に成果を求められるため、厳しい競争が待ち受けています。

市場の変動や顧客の要望に素早く対応しなければならないため、プレッシャーやストレスを感じる場面も多いでしょう。長時間労働も日常化しており、心身を休める時間があまりありません。

投資銀行に転職することは自分の能力を試すチャンスではありますが、それに耐えられるかどうかはよく考える必要があります。

仕事の成果や業績次第で収入が下がる

投資銀行に転職するデメリットとして、仕事の成果や業績によっては収入が下がる可能性があることが挙げられます。

投資銀行では業績や評価に応じてボーナスが支払われることが多く、その額は年収の多くを占めます。

しかし、成果が振るわなかったり、市場の変動や競争の激化などによって業績が低迷した場合には、ボーナスが減額されたり支払われなかったりする可能性があります。

市場環境や規制にキャリアが左右される

市場環境や規制の変化によってキャリアが不安定になる可能性もあります。

たとえば金融危機やコロナ禍のような大きなショックが起きた場合、投資銀行は業績が悪化し、リストラなどの措置をとることがあります。

また、金融規制の強化やデジタル化の進展などによって、投資銀行のビジネスモデルや求められるスキルが変化することもあります。

これらの要因によって、投資銀行で長期的にキャリアを築くことは難しくなるかもしれません。

したがって、投資銀行に転職する際には、市場環境や規制の変化に対応できる柔軟性や適応力を持つことが重要です。

投資銀行が求める人材像

転職を成功させるためには、応募先である投資銀行でどんな人材を求めているのかを把握する必要があります。

投資銀行ごとに求める人材像は異なりますが、以下のような要素は共通して求められていると考えるべきです。

業界知識や専門知識が豊富な人

投資銀行は金融市場の動向や企業の財務状況、M&Aや株式公開などの案件に関する最新の情報を常に把握していなければなりません。そのため、業界知識や専門知識が豊富な人が歓迎されます。

このような人材は投資銀行の業務にすぐに対応できるだけでなく、クライアントからの信頼も得やすいでしょう。

数理的な思考力と分析力が高い人

投資銀行では、複雑な数式やモデルを使って金融商品の価値やリスクを評価したり、最適な資金調達方法を提案したりします。そのため、数学や統計学などの基礎知識や応用力が必要です。

また、投資銀行では市場や業界のトレンドや競合他社の動向を常に把握し、クライアントのニーズに応える戦略を立案したり、プレゼンテーションや交渉を行ったりします。そのため、データ分析やリサーチスキルが必要です。

交渉力やコミュニケーション力が高い人

投資銀行ではさまざまなステークホルダーとの関係を構築し、効果的に情報を伝えることが重要です。クライアントのニーズに応えるためには、複雑な問題を解決したり、競合他社との優位性をアピールしたりする必要があります。

これらは、交渉力やコミュニケーション力が高い人でなければ実践することが難しいでしょう。

したがって、交渉力やコミュニケーション力は転職で欠かせないスキルであり、採用側も重視しているポイントです。

チームワークとリーダーシップを発揮できる人

投資銀行の業務は多くのステークホルダーと連携しながら高度な分析や戦略を提供するものです。また、プロジェクトごとに異なるメンバーと協力して仕事をすることも多々あります。

そのため、チーム内で協力し、コミュニケーションを取りながら効率的に仕事を進める能力が必要です。

ときには、チームを牽引して問題を解決できるリーダーシップも求められます

体力的にも精神的にもタフな人

投資銀行の業務は長時間の労働や緊張感の高い環境で行われることが多く、業務時間外であっても最新の情報や知識を身につけるための努力が欠かせません。そのため体力があり、ストレスに強い人材であることは前提条件です。

競争が激しい投資銀行業界で活躍するには必須の能力であり、採用側もその点は非常に気にしています。

投資銀行で活躍するためには、体力作りやメンタルトレーニングも必要となるでしょう。

変化に適応できる柔軟性がある人

投資銀行の業務を遂行するためには金融市場や経済環境の変化に素早く対応する必要があるため、新しい状況や課題に対して柔軟に対応できる能力が求められます。

状況に応じて自分の役割やスタイルを変えられる人や、変化や不確実性に対してポジティブに挑戦できる人などに適性があります。

サービス名特徴
LHH転職エージェントスイス発のアデコグループが運営。外資系投資銀行など、グローバルなハイクラス転職に強み。
リクルートエージェント日系投資銀行を含む、日系大手企業の転職におすすめ。日本有数のネットワークを活かし、多数の求人を保有。
アクシスコンサルティングコンサルやポストコンサルの転職に強み。平均転職支援期間が3年間と、長期のサポートを実施している。
コトラ金融・コンサルティング業界の転職に強い転職エージェント。他業界他業種への転職実績が豊富。
ビズリーチハイクラス人材向けのスカウト型転職サイト。投資銀行への不安がある場合に、市場価値を判断するのに最適。
投資銀行への転職におすすめの転職エージェント・転職サイト

投資銀行のキャリアパス例

投資銀行はハードワークで不確実性が高い業界ということもあり、ひとつの場所で長くキャリアを構築するというよりはスキルを身につけて転職・キャリアアップすることが一般的です。

したがって、投資銀行へ転職する際には、その後のキャリアパスも考えておく必要があります。

考えられるキャリアパスとしては以下のパターンがあります。

今の職場で職位を上げていく

今の職場で職位を上げていくというキャリアパスです。

職位を上げるためには、まず自分の専門分野を深めることが重要です。自分の担当する領域に関する最新の情報や動向を常にキャッチアップし、クライアントに対して的確なアドバイスや提案ができるようになることが求められます。

また、マネジメントスキルやリーダーシップを磨くことも大切です。

同業他社へ転職する

同業他社へ転職するという選択肢もあります。このキャリアパスは経験を活かしやすく、経験や実績を評価してくれる企業に移ればより高い報酬を得ることができます。

投資銀行での業務は続けたいけれど、環境を変えたいという方に向いています

コンサルティングファームへ転職する

投資銀行からコンサルティングファームへ転職する、というキャリアパスです。

コンサルティングファームでは、投資銀行で培った金融知識や分析力、プレゼンテーション力などを活かすことができます。

投資銀行での経験を活かしつつ、新たな挑戦や成長機会を求める方におすすめです。

PEファンドへ転職する

PEファンドへ転職するメリットは、高い報酬や自己実現感、経営に関われるチャンスなどが挙げられます。一方で、長時間労働や高いプレッシャー、投資失敗のリスクなどがあります。

PEファンドへ転職するには、投資銀行での実績やネットワーク、分析力や交渉力などが必要です

ベンチャー企業のCFOになる

ベンチャー企業のCFOになる人もいます。投資銀行では企業の財務分析や資金調達、M&Aなどの業務に携わることができるため、CFOの選考で評価の対象となります。

ベンチャー企業のCFOになるメリットは、自分の好きな分野やビジョンに共感できる企業を選べることや、経営幹部の一員として戦略的な意思決定に参加できることです。

一方で、リスクが大きいチャレンジングなキャリアパスでもあります。

起業する

投資銀行で働くことで、金融市場や企業の財務状況に関する深い知識や分析力を身につけることができます。また、多様な業界や企業との関わりを通じて、ビジネスモデルや戦略に対する洞察力や創造力も養うことができます。

これらのスキルや経験は、自分のビジネスを立ち上げる際に非常に役立ちます

サービス名特徴
LHH転職エージェントスイス発のアデコグループが運営。外資系投資銀行など、グローバルなハイクラス転職に強み。
リクルートエージェント日系投資銀行を含む、日系大手企業の転職におすすめ。日本有数のネットワークを活かし、多数の求人を保有。
アクシスコンサルティングコンサルやポストコンサルの転職に強み。平均転職支援期間が3年間と、長期のサポートを実施している。
コトラ金融・コンサルティング業界の転職に強い転職エージェント。他業界他業種への転職実績が豊富。
ビズリーチハイクラス人材向けのスカウト型転職サイト。投資銀行への不安がある場合に、市場価値を判断するのに最適。
投資銀行への転職におすすめの転職エージェント・転職サイト

まとめ

投資銀行への転職は、ハードワークや厳しい競争がありますが、専門性や国際的なネットワーク、高年収などのメリットがあります。

投資銀行への転職はあらゆるハードルが高いため、転職エージェントや転職サイトの活用がおすすめです。

サービス名特徴
LHH転職エージェントスイス発のアデコグループが運営。外資系投資銀行など、グローバルなハイクラス転職に強み。
リクルートエージェント日系投資銀行を含む、日系大手企業の転職におすすめ。日本有数のネットワークを活かし、多数の求人を保有。
アクシスコンサルティングコンサルやポストコンサルの転職に強み。平均転職支援期間が3年間と、長期のサポートを実施している。
コトラ金融・コンサルティング業界の転職に強い転職エージェント。他業界他業種への転職実績が豊富。
ビズリーチハイクラス人材向けのスカウト型転職サイト。投資銀行への不安がある場合に、市場価値を判断するのに最適。
投資銀行への転職におすすめの転職エージェント・転職サイト
  • URLcopy

上場支援、CGコードの体制構築などに長けた、専門性の高い「弁護士」を社外取締役候補としてご紹介。事業成長とガバナンス確保両立に、弁護士を起用したい企業様を支援している。

maillogo

無料のメールマガジン登録を受付中です。ご登録頂くと、「法務・経営企画・採用戦略などのお役立ち情報」を定期的にお届けします。