スカウト型転職サイトおすすめ20選を徹底比較|仕組みやメリットを解説

MAGAZINE編集部のアバター
社外役員選任チーム

MAGAZINE編集部

  • twitter
  • facebook
  • line
  • linkedin
  • URLcopy
本記事は、転職エージェント公式サービス(リクルート・マイナビ・ビズリーチ等)の広告リンクを含みます。

ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

スカウト型の転職サイトを利用すると、企業から直接スカウトが届き、仕事が忙しい方でも転職活動を進めることができます。

希望にあったスカウトを受けるためにはあなたのスキルや経験に合っている転職サイトを選ぶことが大切です。しかし、どのスカウト型転職サイトを選べばいいのか、そもそもスカウト機能の仕組みがよく分からない方も少なくありません。

本記事では、おすすめのスカウト型転職サイトやスカウトの仕組み、よくあるスカウトのパターンについて解説します。

ビズリーチの調査によれば75%が思いもよらない業界や業種からスカウトが届いたと回答しています。どのようなスカウトが届くのか気になる方はまずは会員登録をしてみてください。

サービス名特徴
リクルートダイレクトスカウト年収800万円以上も目指せるハイクラス特化転職サービス
BEET-DIRECT管理部門・バックオフィス経験者に特化したダイレクトスカウト
ビズリーチ登録するだけでハイクラス求人のスカウトが届く
転職ドラフト求職者がドラフトに参加し、企業が直接入札する
おすすめのスカウト型転職サイト
目次
EXE
EXE

上場企業等での社外役員経験や非常勤監査役経験を持つ専門家をご紹介。社外役員兼務社数4社以下、経験年数10年以上、女性社外役員など、800名以上のプロフェッショナルとマッチングが可能です。

転職サイトのスカウト機能の仕組みとは

「スカウトメールは怪しい」と思っている方は少なくありません。

そこで、まずは転職サイトのスカウト機能の仕組みについて解説します。

転職サイトのスカウト機能の仕組み

転職サイトのスカウト機能は、企業から直接届くスカウトを指します。

転職サイトに登録後、職務経歴書にスキルや経歴を入力しておくことで、企業からスカウトが届きます。

一度職務経歴書を入力しておけば、企業からスカウトが届きます。そのため、仕事が忙しくてなかなか転職活動の時間が取れない方でも、転職を進めることができます。

スカウト機能を利用する流れ

スカウト機能を利用する流れは以下の通りです。

  • 転職サイトに登録する
  • 自身の経歴やスキルを入力する
  • スカウトメールが届く
  • 選考に進む
  • 書類選考・面接
  • 内定

まず、転職サイトに登録し、自身の経歴やスキル、希望条件を詳細に入力します。この情報が企業や人材紹介会社によって検索され、マッチする候補者に対してスカウトメールが送信される仕組みです。

スカウトメールを受け取った後は、応募の意思があれば返信し、書類選考や面接を経て内定に至ります。スカウト機能を活用することで、従来の求人検索や応募の手間を大幅に削減し、効率的に転職活動を進めることが可能です。

「スカウト型転職サイト」と「スカウト機能付き転職サイト」の違い

スカウト型転職サイトとスカウト機能付き転職サイトには大きな違いがあります。

スカウト型転職サイトは、主に企業やヘッドハンターからのスカウトを受けることに特化しており、求人検索の手間を省略できます。

対して、スカウト機能付き転職サイトでは、スカウトを待つだけでなく、自分からも積極的に求人を検索し応募することができます。

自分のキャリアプランに応じて、いずれかのサイトを利用することが重要です。

スカウト機能を利用できる転職サイト

スカウト機能を提供している転職サイトは複数存在し、それぞれ異なる特徴やサービスを提供しています。

代表的なサービスには、「リクルートダイレクトスカウト」「マイナビ転職」や「doda」「ミイダス」などがあり、それぞれでスカウト機能やサポート体制などが異なります。

自分の経歴やスキルに合ったスカウトを受け取るためにも、複数のサイトに登録し、自身のプロフィールを充実させることが重要です。

また、スカウト機能だけでなく、各サイトのサービスを積極的に利用し、転職活動をより有利に進めましょう。

転職サイトのスカウト方法の種類

活動が忙しいビジネスパーソンにとって、スカウト型転職サイトを利用することで、効率的に転職活動を進めることができます。

ここでは、スカウト型転職サイトにおけるスカウト方法の種類を紹介し、それぞれの特徴や利用する際の注意点を詳しく解説します。

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングによるスカウトは、人材紹介会社のエージェントが、企業のニーズに合った候補者を積極的に探し出し直接連絡を取るスカウトです。

ヘッドハンティングによるスカウトのメリットは、専門的なアドバイスとサポートを受けられる点です。

エージェントは、転職希望者の経歴やスキルを詳細に分析し、マッチする企業を提示してくれます。また、面接の準備や条件交渉、入社後のフォローアップまで、転職活動のあらゆるサポートを受けることができます。

ただし、ヘッドハンティングによるスカウトを受けるためには、自身の経歴やスキルを適切にアピールする必要があります。

ダイレクトスカウト

ダイレクトスカウトは、企業の担当者が候補者のレジュメを直接確認し、マッチした人材に対してスカウトを送る方法です。

ダイレクトスカウトの魅力は、企業が直接候補者の能力や経験を高く評価していることです。

このため、書類選考の通過率が高く、面接に至るまでのプロセスがスムーズに進む可能性があります。

また、通常の求人応募とは異なり、企業側からの強い興味を受けているため交渉の余地も大きくなります。

しかし、全てのスカウトが自分のキャリアや希望に合っているわけではありません。

スカウトを受けた際には、企業が提示した条件やキャリアプランを慎重に確認し、自分にとって最適な転職先であるか判断することが大切です。

サービス名特徴
リクルートダイレクトスカウト年収800万円以上も目指せるハイクラス特化転職サービス
BEET-DIRECT管理部門・バックオフィス経験者に特化したダイレクトスカウト
ビズリーチ登録するだけでハイクラス求人のスカウトが届く
転職ドラフト求職者がドラフトに参加し、企業が直接入札する
おすすめのスカウト型転職サイト

スカウト型転職サイトからよくあるスカウトメール

スカウト型転職サイトからのスカウトメールを受け取ることは、キャリアアップのチャンスを広げる貴重な機会にふれることに繋がります。

ここでは、転職サイトから届く一般的なスカウトメールの種類とそれぞれの特徴について解説します。

自動送信のスカウト

自動送信のスカウトメールは、転職サイトに登録した求職者の情報に基づいて、コンピューターが自動的に送信するものです。

本メールは「オファーDM」とも呼ばれ、自動的かつ一斉に送られるため、条件が求職者の求めるニーズに合致しているとは限りません。

そのため、自動送信のスカウトを利用する際には、提案された求人が自分のキャリアプランや希望条件に適合しているか慎重に確認する必要があります。

また、応募者が多いため競争率が高く、採用される可能性が比較的低いこともあわせて覚えておきましょう。

企業からの直接スカウト

企業からの直接スカウトメールは、企業の採用担当者が求職者の経歴やスキルを直接確認し、企業が求めるニーズと合致した人材に対して送られます。

このタイプのスカウトは書類選考をスキップして面接に進むことが多いため、内定率が高くなる傾向にあります。

転職エージェントからのスカウト

転職エージェントからのスカウトは、求職者の経歴やスキルを踏まえ専門のエージェントが適切な求人を提案してくるもので、求職者の希望条件に合った求人であることが多いスカウト方法です。

求人情報の紹介だけでなく、面接対策から入社後のフォローアップまでトータルで転職支援をしてくれます。

仕事が忙しくて転職活動の時間が取れない方や、なんとなく転職を考えている方にとって助かるスカウトでしょう。

スカウト型転職サイトのスカウトが怪しい・やばいといわれる理由

スカウト型転職サイトを利用することで転職活動を効率的に進めることができますが、時には怪しいと感じられるスカウトも存在します。

ここでは、スカウトが怪しいといわれる理由について詳細に解説します。

基本情報を登録していないのにスカウトが届くから

転職サイトに登録していないにもかかわらず、スカウトメールが届くケースがあります。

幅広い求職者に向けて、機械的に一斉送信されるスカウトメールである可能性が高いです。

通常、質の高いスカウトメールは求職者の職歴や専門スキルに基づいて送られるものです。

対して自動送信されるスカウトメールは、求職者の詳細な経歴やスキルを考慮していないため求人情報の「質」が担保されていません。

したがって、転職サイトに登録していないにもかかわらず届くスカウトメールを受け取った際には、スカウトの内容を慎重に精査しましょう。

いきなり最終面接のスカウトが届くから

転職サイトを利用していると、書類選考を介さずいきなり最終面接へと招待されるスカウトが届くことがあります。

このようなスカウトは、通常の採用プロセスを省略して、急速に採用を進めようとする企業や転職サイトの意図から送信されているものです。

企業が緊急に人材を必要としている、または不透明な採用基準をもつ企業からのスカウトである可能性が高いため、警戒が必要です。

企業の詳細な情報、職場環境、社員の評判などを入念に調べたうえで応募することをおすすめします。

ブラック企業のスカウトがある可能性があるから

スカウトメールのなかには、ブラック企業からのスカウトも存在します。離職率が高いブラック企業は社員の入れ替わりが激しいため、求職者に対して無差別にスカウトメールを送ることがあります。

このようなスカウトメールを受けた場合は、企業の評判や実際に働いている社員の口コミ、公式サイトの情報などを徹底的に調査することが重要です。

スカウトメールに対する返信は慎重におこない、自身のキャリア目標や希望する条件に適合しているか確認することが大切です。

サービス名特徴
リクルートダイレクトスカウト年収800万円以上も目指せるハイクラス特化転職サービス
BEET-DIRECT管理部門・バックオフィス経験者に特化したダイレクトスカウト
ビズリーチ登録するだけでハイクラス求人のスカウトが届く
転職ドラフト求職者がドラフトに参加し、企業が直接入札する
おすすめのスカウト型転職サイト

スカウト型転職サイトから質の高いスカウトを受けるポイント

転職市場で成功を収めるためには、スカウト型転職サイトを効果的に活用することが重要です。

ここでは、転職サイトから質の高いスカウトを受け取るための重要なポイントを解説します。

プロフィールの内容を詳細に記載する

プロフィールを詳細に記載することは、質の高いスカウトを受けるためにも重要です。

企業やヘッドハンターは、求職者のプロフィールをもとにスカウトをおこなっています。

プロフィールには、過去の職務経歴や具体的なスキル、達成した実績などを詳細に記載しましょう。

「営業売上社内No.1を達成」など、具体的な成果を示すことで、あなたに合ったスカウトが届きやすくなります。

希望している業界や職種を入力する

希望する業界や職種をプロフィールに記載することも質の高いスカウトを受けるために必要不可欠です。

たとえば、「IT業界でマーケティング職を希望」「年収500万円以上でリモートワーク可能な職種を探している」など具体的な条件を明記することで、マッチする企業からのスカウトが届きやすくなります。

企業は登録された希望条件をもとにスカウトを送るため、希望する条件を具体的かつ詳細に記載することが重要です。

業界に特化した転職サイトを利用する

業界や職種に特化した転職サイトを利用することも、質の高いスカウトを受けるための効果的な方法です。

たとえば、年収アップを目指す方に適した「リクルートダイレクトスカウト」やIT業界に特化した「Green」など、目的に合った特化型の転職サイトを活用することで、自分のキャリアプランや希望にマッチした求人のスカウトを受けることができます。

特化型の転職サイトは、特定の業界や職種に精通した企業や採用担当者が多く利用しているため、より具体的で自分にマッチしたスカウトが届くことが期待できます。

また、幅広い求人情報を提供する総合型の転職サイトを併用することで、より転職の成功確率を上げられるためおすすめです。

スカウト型転職サイトからのスカウトが怪しいか見分けるコツ

転職サイトからのスカウトは、転職活動において重要な役割を果たしますが、全てのスカウトメールが質が高いわけでは限りません。

質の高いスカウトとそうでないものを見分ける能力は、転職活動の成否に大きく影響します。

ここでは、スカウトが怪しい場合の見分けるコツについて紹介します。

テンプレの文言ではないか

転職サイトから届くスカウトの中には、自動生成された内容のものが含まれていることがあります。

一斉送信されるため、個々の求職者の特定のニーズやスキルを反映していません。

また、曖昧な文言を使っていたり、具体的な詳細情報が欠けていたりする場合は、自動生成された可能性が高いと判断できます。

自身の経歴やスキルに触れているか

質の高いスカウトは、あなたの経歴やスキルについて具体的に触れています。

たとえば、特定のプロジェクトでの業績や特定のスキルについて触れている場合は、スカウトを送る企業や転職エージェントは求職者のプロフィールを見ているはずです。

スカウトに具体的な業績やスキルが反映されている場合、スカウトは信頼性の高いスカウトであると判断できます。

希望条件とマッチしているか

スカウトがあなたの希望条件と一致していることが、質の高いスカウトがどうか見分けるコツです。

たとえば、希望する業界や職種、勤務地、年収などあなたが転職サイトに登録した希望条件とスカウトの内容が一致している場合、質の高いスカウトでしょう。

逆に、条件と乖離のあるスカウトの場合は、あなたのニーズやキャリアを理解していない可能性が高いため、返信しないほうがいいでしょう。

サービス名特徴
リクルートダイレクトスカウト年収800万円以上も目指せるハイクラス特化転職サービス
BEET-DIRECT管理部門・バックオフィス経験者に特化したダイレクトスカウト
ビズリーチ登録するだけでハイクラス求人のスカウトが届く
転職ドラフト求職者がドラフトに参加し、企業が直接入札する
おすすめのスカウト型転職サイト

スカウト型転職サイトを利用するメリット

スカウト型転職サイトを利用することで、自分のスキルや経験が転職市場でどのように評価されているのかを間接的に知ることができます。

他にもスカウト型の転職サイトを利用するメリットを解説します。

自分の市場価値がわかる

スカウト型転職サイトを活用する最大のメリットは、自分の市場価値が把握できることです。

経歴やスキルに基づいたスカウトが届くため、自分が転職市場でどれだけの価値があるかを客観的に判断できます。

たとえば、現在の職務内容や経験に基づいて現職よりも高いポジションや年収のオファーが来ていれば、あなたの市場価値は高いといえるでしょう。

一方、スカウトが届かない場合や質の低いスカウトが届く場合は市場価値が高くないのかもしれません。

スカウト型の転職サイトを利用することで現在の市場価値を理解できるため、今後のキャリアを考え直すきっかけとなります。

選考がスムーズに進む

スカウト型の転職サイトを利用すると企業側からの積極的なアプローチが受けられるため、通常の選考フローよりも選考がスムーズに進みます。

あなたのスキルや経験を見てスカウトされているということは、すでにあなたの経歴に興味を持っているはずです。

また書類選考の免除や、面接回数を減らすなど選考過程のスキップされることもあるため、効率的に転職活動が進むでしょう。

非公開求人へアクセスできる

非公開求人へアクセスできる点も、スカウト型転職サイトを利用する大きなメリットです。

魅力的なポジションや高待遇の求人は、非公開求人の中からスカウトを通じて紹介されることがよくあります。

非公開求人は通常の求人検索では見つけられないため、スカウトサービスを利用する必要があるのです。

また、アクセスが制限されていることから競争が少ないことも非公開求人の強みとなっています。

求人を探す必要がない

スカウト型転職サイトのメリットのひとつに、求人を探す必要がない点があげられます。

転職サイトでは自分で検索をして、自分の条件に合致する求人を見つけ出す必要があります。

しかしスカウト機能をもつ転職サイトを利用することで、企業からスカウトが届くため、求人を探す時間を減らすことができるのです。

キャリアの幅が広がる

スカウト機能を利用することで、自分では気づかなかった新たな職種や業界に出会う機会も増えます。

キャリアの選択肢を広げたいと考えている求職者にとって大きなメリットです。

IT業界で働いていた方がマーケティングのスキルを生かして異業種の企業からスカウトを受けるなど、専門分野に留まらず、新しい分野でのスカウトを受けることもあります。

自分のスキルや経験がさまざまな角度から評価してもらえるため、新しい分野での新たな可能性を発見するチャンスにも繋がります。

サービス名特徴
リクルートダイレクトスカウト年収800万円以上も目指せるハイクラス特化転職サービス
BEET-DIRECT管理部門・バックオフィス経験者に特化したダイレクトスカウト
ビズリーチ登録するだけでハイクラス求人のスカウトが届く
転職ドラフト求職者がドラフトに参加し、企業が直接入札する
おすすめのスカウト型転職サイト

スカウト型転職サイトを利用するデメリット

さまざまなメリットがあるスカウト型転職サイトですが、デメリットも存在します。

スカウト型転職サイトにはどんなデメリットが存在するのか、事前に把握しておきましょう。

自分で企業とやり取りをしないといけない

スカウト型の転職サイトを利用する際のデメリットは、企業間とのやり取りを自分でおこなう必要があることです。

転職エージェントであれば、キャリアアドバイザーが担当してくれるため、転職エージェントとは大きく異なります。

転職エージェントであれば、面接の日程調整や条件交渉を代行してくれますが、スカウト型サイトではそのようなサポートが受けられません。

企業とのやり取りや面接、条件交渉といった転職活動を自分でおこなう必要があります。

希望条件とマッチしたスカウトが届かない可能性がある

スカウト型転職サイトを利用するもうひとつのデメリットは、自分の希望条件に合致しないスカウトが届く可能性がある点です。

自動送信のスカウトは、希望と合わないことも珍しくありません。

不要なスカウトかどうか見極める必要があるため、利用者の手間がかかります。くわえて、本当に関心のあるスカウトを見逃してしまうリスクも伴います。

自分のキャリアや希望条件に応じて、適切なフィルタリングや優先順位付けをおこなうことがデメリットを最小限に抑えるコツです。

転職活動が長引く可能性がある

転職活動が長引く可能性があることも、スカウト型転職サイトを利用するデメリットです。

必ずしも自分の希望にマッチした企業からスカウトが届くとは限りません。

転職エージェントを利用した転職活動では、自ら進んで転職活動をするため自分に合う求人を見つけられる可能性が高くなるでしょう。

しかし、スカウト型の転職サイトの場合は、受け身での転職活動となるため、必ずしも思い描いた転職とはいきません。

結果として、転職活動がうまくいかずに長引く可能性もあるのです。

スカウト型転職サイトの選び方

本章では、スカウト型転職サイトを選ぶ際の重要なポイントを詳しく解説します。

求人数が多いサイトを選ぶ

スカウト型転職サイトを選ぶ際、最も注目すべき点は保有する求人数です。

求人数が多いサイトほど、さまざまな業界や職種からのスカウトが増え、最適な職場と出会える可能性も高まります。

また、多様な業界や職種からのオファーは、自分の市場価値を把握することもできます。

求人数が多い反面、スカウトメールを受け取る量も増えることから、条件に合わないスカウトを効率よくフィルタリングすることも大切です。

目指す年収やポジションに特化したサイトを選ぶ

あなたが目指す年収やポジションに特化した転職サイトを選ぶことも、効果的な転職活動をおこなうために重要です。

とくに高収入かつ役職となるポジションを目指す場合は、特化型の転職サイトを利用するべきです。

たとえば、「ビズリーチ」のようなハイクラスに特化したサイトは、高収入の求人や上位ポジションのオファーを多く扱っており、経験豊富な専門職やマネジメント経験者に適しています。

逆に、初心者向けや幅広い層を対象とした転職サイトは、特定条件にマッチするスカウトが少ない場合があります。

したがって、自分のキャリアプランに合わせた転職サイトを選定しましょう。

転職したい業界や職種に強いサイトを選ぶ

転職したい特定の業界や職種に強みをもつ転職サイトを選びましょう。

業界に特化した転職サイトは、その業界や職種に関する深い知識と豊富なネットワークをもっており、専門性の高いスカウトを受けることができます。

たとえば、IT業界や医療業界といった特定の分野にフォーカスしたサイトは、その分野での転職成功率が高い傾向にあります。

また、特定の業界に強いサイトは、業界独特のキャリアパスや求められるスキルに関する具体的なアドバイスも受けることができるため、転職しやすくなるでしょう。

おすすめのスカウト型転職サイト20選

ここでは、おすすめのスカウト型転職サイトについて解説します。

スカウト型転職サイトには強みとしている年代やキャリア層、業界など様々なので、自分にあった転職サイトを選びましょう。

リクルートダイレクトスカウト

公式サイト:https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト型の転職活動に特化した転職支援サービスです。25万件以上の求人を保有しているため、ハイクラス転職を目指す20代から50代まで幅広い年代におすすめです。

登録後にレジュメを公開するだけで、企業から、またはヘッドハンターからスカウトを受けられます。

とくに、ヘッドハンターからのスカウトに応じると、忙しい求職者に代わってスキルや経験が活かせる求人を探してもらえるため、仕事探しの手間が省けるのがメリットです。年収800万円〜2,000万円の求人や、好条件のポジションを紹介してもらえる可能性もあります。

また、ヘッドハンターのプロフィールをもとに、相性の良さそうな担当者を指名することも可能です。

サービス名リクルートダイレクトスカウト
運営会社株式会社リクルート
公開求人数167,190件(2024年6月4日時点)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・キャリアアップ・年収アップを目指せる
・時間をかけずに転職活動ができる
・マッチ度の高い求人を教えてもらえる
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/

関連記事:リクルートダイレクトスカウトの評判ってやばい?口コミをもとにメリット・デメリットを解説

BEET-DIRECT(ビートダイレクト)

公式サイト:https://beet-direct.com/

BEET-DIRECTは、管理部門系の人材と企業の橋渡しをする転職支援サービスです。

法務、人事、経営企画、経理など、管理部門・バックオフィス系職種のスカウトに特化した珍しいサービスで、企業の担当者から直接オファーを受け取れます。スカウトを待たずに、求人詳細ページの「応募する」ボタンから、企業にアプローチすることも可能です。

また、BEET-DIRECTのエージェントから、スキルや強みを活かせる求人の紹介を受けられるサービスもあります。管理部門系に詳しいヘッドハンターによる応募書類作成のサポートも受けられ、書類選考突破の可能性を高められるでしょう。

サービス名BEET-DIRECT
運営会社株式会社アシロ
公開求人数197件(2024年6月4時点)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・管理部門・バックオフィスに特化した転職エージェント
・企業から直接オファーを受け取れる
・キャリアアップを目指す方にもおすすめ
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://beet-direct.com/

ビズリーチ

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

ハイクラス転職に特化したビズリーチは、企業・ヘッドハンターからスカウトを受け取れる転職支援サービスです。スカウトを送れる対象者は、厳選された優良企業と一定レベル以上の一流ヘッドハンターに限定されており、質の高いサービスを提供しているのが特徴です。

登録後のマイページでは、スカウト数だけでなく、職務経歴書の閲覧数も確認できます。スカウトを受ける可能性を高めるためには、スキルや職務経歴書など、プロフィールを充実させるのがポイントです。

年収600万円以上から年収1,000万円を目指す20代~40代に強いスカウト型の転職サイトです。

有料プランにアップグレードすると、全てのスカウトを閲覧できるようになり、公募求人以外の求人への応募が可能となります。

サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数120,911件(2024年6月4日時点)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・好待遇の求人を多数保有
・質の高いスカウトが届く
・自分の市場価値を測れる
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

関連記事:ビズリーチの評判は?利用者の口コミをもとにメリット・デメリットを解説

doda X

公式サイト:https://doda-x.jp/

doda Xは、ハイクラス層を専門とする転職エージェントです。登録して職務経歴書を公開すると、経歴に興味をもったヘッドハンターからスカウトが届き、キャリアの提案を受けられます。意外な求人の紹介を受けることもあり、新たな可能性の発見につながるかもしれません。

また、ヘッドハンターの求人とは別に、doda Xが独自に収集したハイクラス求人もあり、これらに自分のペースで応募することが可能です。エントリーはdoda Xの担当者を通じておこなわれ、応募書類の提出や面接日程の調整などのサポートが受けられます。

サービス名doda X
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数53,036件 (2024年6月4日時点)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・キャリアアップ・年収アップに期待できる
・管理職やハイキャリアポジションの求人を保有
・手間なく転職活動が進められる
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://doda-x.jp/

ミドルの転職

公式サイト:https://mid-tenshoku.com/

ミドルの転職は、30代〜40代のハイクラス人材のための転職サイトです。管理職やマネージャー、年収1,000万円以上などの求人が多数あり、豊富な実績をもつエージェントが転職成功まで支援してくれます。

ミドルの転職では、自分で求人を検索するのと並行して、企業・エージェントからのスカウトサービスも利用可能です。約12万件(※)もある非公開求人の中から、意外な仕事のオファーを受けられるかもしれません。

もちろん、職務経歴書は匿名で公開され、非公開企業の設定もでき、現在の職場に知られるリスクを軽減できるのがメリットです。

(※)ミドルの転職の公式サイトより

サービス名転職ドラフト
運営会社エン・ジャパン株式会社
公開求人数192,671件(2023年11月時点)
非公開求人数約12万件
おすすめポイント・30代・40代のハイキャリア転職に特化
・エージェントによる手厚い転職サポート
・企業・エージェントからスカウトを受けられる
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mid-tenshoku.com/

AMBI

AMBI

公式サイト:https://en-ambi.com/

人材大手のエン・ジャパンが運営する、20代のハイキャリアのためのスカウト転職サービスAMBI(アンビ)は、特化型のスカウトサービスです。

企業・ヘッドハンターから「合格可能性」が届くため、自分の市場価値が分かります。まさに成長途上の若手ハイキャリアのためのサービスです。

スカウトは、自分で「興味あり」を送った求人から届きます。あらかじめ選定した企業のなかからスカウトが届くため、志望度も合格可能性も高い状態で選考に臨むことができます。

サービス名AMBI
運営会社エン・ジャパン株式会社
公開求人数116,319件(2023年11月時点)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・人材大手エン・ジャパン運営で安心
・若手ハイキャリア特化型
・興味がある求人から「合格可能性」が届く
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://en-ambi.com/

MS Career

公式サイト:https://ms-japan.jp/

MS Careerは、管理部門・士業の転職支援に特化した転職サイトです。スカウト機能の利用を設定すると、企業や事務所から直接スカウトが届きます。スカウト後は採用担当者と直接やり取りできるため、選考通過の可能性が高く、スピーディーに転職を決められるかもしれません。

また、MS Agent、または厳選されたエージェントからもスカウトが受け取れ、非公開求人を含めたキャリアの提案を受けられるのがメリットです。意外な視点からの提案は、自身の可能性に気づく良いきっかけになるでしょう。

転職活動に時間を割けない管理部門・士業の人材にとって、使い勝手の良いサービスといえます。

サービス名MS Career
運営会社株式会社MS-Japan
公開求人数14,653件(2023年11月時点)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・管理部門・士業の方の転職を支援
・企業・事務所から直接オファーが届く
・エージェントから仕事の提案を受けられる
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://ms-japan.jp/

Green

公式サイト:https://www.green-japan.com/

Greenは、IT業界最大級の求人数を誇る転職支援サービスです。スタートアップ企業から上場企業まで、幅広い企業の仕事があり、2023年11月時点で約3万件もの求人が保有されています。さまざまな選択肢の中から、自分に合う求人を見つけられるでしょう。

Greenでは、採用担当者から直接オファーが届くスカウト機能が備わっており、60%以上(※)の方が実際にスカウトを利用して転職に至っています。興味のある仕事があれば、企業から気軽に話を聞ける「カジュアル面談」を実施してもらえるのもメリットです。

(※)Greenの公式サイトより

サービス名Green
運営会社株式会社アトラエ
公開求人数30,203件(2023年11月時点)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・IT業界最大級の求人数
・写真多数で、職場のイメージをつかみやすい
・採用につながりやすいスカウト機能
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.green-japan.com/

Findy

公式サイト:https://findy-code.io/

ハイスキルを有するエンジニアを対象としたFindyは、独自のAI技術を使ってエンジニアと企業をマッチする画期的な転職サービスです。

まず、FindyのアカウントをGitHubと連携すると、スキルの解析がおこなわれ、自身のスキルレベルが偏差値として数値化されます。スキル偏差値はプロフィールとともに企業に公開され、興味をもった企業から「いいね」が届き、「いいかも」を返すと企業とのマッチングが完了します。この段階で企業にGitHubが公開され、スカウトにつながる仕組みです。

GitHubを活用することで実際のスキル感を共有でき、マッチ度の高い転職を叶えられるでしょう。

サービス名Findy
運営会社ファインディ株式会社
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
おすすめポイント・AI技術により高精度なマッチングを実現
・スキルを確認した企業からスカウトが届く
・スキル偏差値で自身のスキルレベルを把握できる
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/リモート
公式サイトhttps://findy-code.io/

ASSIGN

公式サイト:https://assign-inc.com/

転職アプリ「ASSIGN」は、20代〜30代のハイキャリア層に特化した転職サービスです。目の前の転職だけに捉われず、長期的なキャリア形成に重きを置いた支援が特徴で、求職者の価値観や強みを分析したうえで、活躍を見込める企業を紹介してもらえます。

登録すると、ASSIGNのエージェントや企業からスカウトを受け取ることも可能です。とくに、エージェントからのスカウトでは、価値観や経歴を前提に仕事のオファーを受けられるため、マッチ度の高い求人に出会えるでしょう。

AIによる強み診断やキャリアシナリオの提案など、多彩なサービスも魅力です。

サービス名ASSIGN
運営会社株式会社アサイン
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
おすすめポイント・求職者の価値観や強みを理解したうえでサポートを実施
・企業・エージェントからオファーを受けられる
・AIによる強み診断やキャリアシナリオの提案
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://assign-inc.com/

ミイダス

公式サイト:https://miidas.jp/

ミイダスは、独自の「可能性診断」をもとに、マッチ率が高い企業からスカウトが届く転職アプリです。

診断は2種類あり、志向性や仕事の適性、ストレス耐性などを測る「コンピテンシー診断」と、意思決定の癖を判定する「バイアス診断ゲーム」に分かれています。経歴情報だけでなく、診断結果も含めて企業からスカウトの判断をされるので、より活躍の可能性が高いオファーを受け取れるのがメリットです。

また、プロフィールを登録すると、転職後の想定年収や興味が見込める企業数などが分析され、自身の市場価値を把握できます。精度の高い転職活動をしたい方におすすめのサービスです。

転職できるのか不安な20代や30代におすすめのスカウト型の転職サービスです。

サービス名ミイダス
運営会社ミイダス株式会社
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
おすすめポイント・可能性診断に基づいたマッチ度の高いスカウト
・アプリで気軽に使える
・自身の市場価値がわかる
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://miidas.jp/

イーキャリア

公式サイト:https://www.ecareer.ne.jp/

幅広い業界・職種・雇用形態の求人が保有されているイーキャリアでは、スカウトサービスが充実しています。

職務経歴書を見た企業からオファーを受け取れる機能で、意外な企業からスカウトが届くケースもあるようです。企業の閲覧履歴がわかる「あしあと機能」を活用して職務経歴書を更新すれば、マッチ度の高いスカウトにつながるかもしれません。

また、「応募まではいかないけど、企業から話を聞いてみたい」という方には、ライトエントリー機能がおすすめです。求職者・企業の「いいね」がマッチングすると、チャットで気軽にやり取りができるようになります。

サービス名イーキャリア
運営会社SBヒューマンキャピタル株式会社
公開求人数32,181件(2023年11月時点)
※正社員の求人数
非公開求人数非公開
おすすめポイント・さまざまな業界・職種・雇用形態の求人を保有
・転職成功のための機能が充実
・企業からオファーが届くスカウト機能あり
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.ecareer.ne.jp/

SYNCA(シンカ)

公式サイト:https://synca.net/

SYNCA(シンカ)は、経理、人事、総務、財務、法務など、管理部門・バックオフィスの転職支援に特化したサービスです。

アカウントを登録すると、企業から直接スカウトが届くようになります。スカウトを受ける場合は「承諾」、興味がない場合は「見送り」を選択することで、簡単に企業に意思表示できるのも便利なポイントです。

また、求人に応募すると、採用担当者に職務経歴書を閲覧してもらえ、よりマッチ度の高い求人のスカウトにつながる可能性があります。各求人票には「応募する」のほかに「話を聞きたい」ボタンがあり、選考に進む前に企業の担当者から詳しい説明を聞くことも可能です。

サービス名SYNCA
運営会社株式会社WARC
公開求人数878件(2023年11月時点)
非公開求人数不明
おすすめポイント・管理部門・バックオフィス系の転職に特化
・選考前に企業から話を聞けるカジュアル面談
・企業から直接スカウトを受けられる
対応地域東京を中心に全国
公式サイトhttps://synca.net/

転職ドラフト

公式サイト:https://job-draft.jp/

エンジニアを対象とする転職ドラフトは、転職市場では珍しい「競争入札型転職サービス」を提供しています。ドラフトに参加した求職者が企業から直接入札を受けるユニークなもので、効率的に仕事探しに取り組めるのがメリットです。入札時には、具体的な年収や仕事内容も提示されるため、ミスマッチが少ない転職を叶えられるでしょう。

また、登録審査に通過すると、運営チームからレジュメの添削を受けられるのもポイントです。レジュメの完成度を高めてからドラフトに参加でき、より好条件の入札を受ける可能性を高められます。

サービス名転職ドラフト
運営会社株式会社リブセンス
公開求人数25件(2023年11月時点)
※「自己推薦枠一覧」の求人数
非公開求人数-
おすすめポイント・自分の市場価値を把握できる
・年収アップに期待できる
・企業とのミスマッチが起こりにくい
対応地域掲載なし
公式サイトhttps://job-draft.jp/

N/thestory

公式サイト:https://n.thestories.jp/

N/thestory(ジストリー)は、看護師専門の転職マッチングアプリです。

アプリをダウンロードして質問に答えるだけで、5分でレジュメが作成できます。忙しい看護師さんでも隙間時間で登録できるサービスです。

現役看護師や人事・採用経験豊富なスタッフが在籍しており、チャット・オンライン・対面で気軽に相談できます。「勧誘・催促なし」のため、まずは登録して求人をのぞいてみてはいかがでしょうか。

サービス名N/thestory
運営会社株式会社thestory(ジストリー)
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
おすすめポイント・看護師専門アプリ
・登録がかんたん
・現役看護師を含む運営スタッフに相談ができる
対応地域首都圏、京阪神、愛知、福岡エリア中心 拡大中
公式サイトhttps://n.thestories.jp/

doda

公式サイト:https://doda.jp/

顧客満足度No.1(※1)を獲得しているdodaの強みは、圧倒的な求人数の多さにあります。2023年11月時点で約26万件(※2)の求人が保有されており、幅広い選択肢から自分に合う仕事を見つけられるはずです。

登録後、別途「スカウトサービス」に登録すると、Web履歴書を見て興味をもった企業から直接スカウトを受けられます。履歴書は匿名で公開されるうえ、特定の企業に対する非公開設定もでき、安心して利用できるのがポイントです。

スカウトサービス以外にも転職エージェントのサポートも受けられるため、転職活動の進め方がわからない20代~30代の方におすすめです。

書類選考免除のオファーが届くこともあり、効率的に転職活動を進められるでしょう。

(※1)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント20代」で1位を獲得
(※2)公開求人・非公開求人の合計数

サービス名doda
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数221,226件(2023年11月時点)
非公開求人数34,439件(2023年11月時点)
おすすめポイント・多くの求人の中から選べる
・自分のペースで転職活動を進められる
・徹底してサポートしてもらえる
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://doda.jp/

リーガルジョブボード

公式サイト:https://legal-job-board.com/

リーガルジョブボードは、弁護士、司法書士、弁理士、調査士などの士業に特化した転職サイトです。自分のペースで企業とやり取りする「直接応募」と、求人の紹介を受ける「エージェント機能」の2つの転職方法を利用できるのが特徴です。

また、スカウト機能をオンに設定すると、事務所から直接スカウトが届く可能性があります。氏名や経歴は非公開とされるため、個人情報の漏洩や所属事務所に知られるリスクを抑えられるでしょう。求人情報の「気になる」ボタンから、事務所に対する興味をアピールでき、スカウトにつながるケースもあるようです。

サービス名リーガルジョブボード
運営会社株式会社WILLCO
公開求人数568件(2023年11月時点)
※弁護士・司法修習生の求人数
非公開求人数非公開
おすすめポイント・士業に特化した転職支援サービス
・直接応募とエージェント機能を利用できる
・企業から直接オファーが届くスカウト機能
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://legal-job-board.com/

人材ドラフト

公式サイト:https://www.jinzai-draft.com/draft_service

会計業界に特化した人材ドラフトでは、採用担当者から直接オファーが届くスカウトサービスを利用できます。思いも寄らない企業からスカウトを受けることもあり、転職の可能性を広くもちたい方におすすめです。資格や経験などのプロフィールを充実させるほど、オファーのマッチ度が高まるでしょう。

また、求人情報の「気になる」ボタンから企業への興味をアピールできるほか、エージェントサービスで転職サポートを受けられるのもメリットです。とくに、エージェントでは求職者の気持ちを尊重した転職支援に力を入れており、長期的な活躍が見込める仕事の紹介に期待できます。

サービス名人材ドラフト
運営会社株式会社人材ドラフト
公開求人数1,566件(2023年11月時点)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・会計業界専門の転職支援サービス
・企業から直接スカウトが届く
・求職者に寄り添った転職サポート
対応地域青森、福井、島根を除く全国/海外
公式サイトhttps://www.jinzai-draft.com/draft_service

リクナビNEXT

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

リクルートが運営するリクナビNEXTは、10万件以上(※)もの求人数を誇る転職サイトです。登録すると、「オファーを待つ」機能で企業、または転職エージェントからスカウトが受け取れ、非公開求人を紹介される可能性もあります。

オファーには、「ベーシックオファー」と「ワイドオファー」の2種類が用意されています。ワイドオファーを利用すると、「Indeed」のサービスを利用する企業にも匿名レジュメが公開され、より幅広い企業からのスカウトに期待できるでしょう。多忙で転職活動に時間を割けない方こそ、利用する価値があるサービスといえます。

(※)2023年11月時点

サービス名リクナビNEXT
運営会社株式会社リクルート
公開求人数101,916件(2023年11月時点)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・求人数が多い
・待つだけで企業・転職エージェントからスカウトが届く
・Indeed PLUS利用企業からもオファーが届く
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://next.rikunabi.com/

マイナビ転職

公式サイト:https://tenshoku.mynavi.jp/

マイナビ転職では、希望条件と職務経歴を登録すると、企業・転職エージェントからスカウトが受けられます。企業からのスカウトには3種類あり、希望職種関連の「希望マッチ」、経験職種に関連した「経験マッチ」、希望条件に合う「条件マッチ」に分かれているのが特徴です。

また、「年収800万円以上」といったプレミアム特典や、「書類選考免除」「マネージャー採用」などのスカウト特典を受け取れば、有利に転職活動を進められるかもしれません。スカウトでしか知り得ない「スカウト限定求人」では、好条件のオファーを受けられる可能性もあります。

サービス名マイナビ転職
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数19,757件(2023年11月時点)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・スカウトの種類が豊富
・スカウトだけの特典つき求人あり
・応募書類の添削と面接アドバイスのサポートあり
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://tenshoku.mynavi.jp/
サービス名特徴
リクルートダイレクトスカウト年収800万円以上も目指せるハイクラス特化転職サービス
BEET-DIRECT管理部門・バックオフィス経験者に特化したダイレクトスカウト
ビズリーチ登録するだけでハイクラス求人のスカウトが届く
転職ドラフト求職者がドラフトに参加し、企業が直接入札する
おすすめのスカウト型転職サイト

スカウト型転職サイトがおすすめな人

ここではスカウト型転職サイトがおすすめな人の特徴を解説します。

仕事が忙しくて転職活動の時間がない人

忙しい日々を過ごしている方々にとって転職活動は大きな負担になりますが、スカウト型転職サイトは大きな助けとなります。

転職サイトに登録しておくだけで、自分のスキルや経験に基づいたスカウトが企業から直接届くため、求人を探す時間の節約に繋がります。

また、スカウト機能がついている転職エージェントを利用することで、履歴書や職務経歴書の作成支援、面接日程の調整といった転職活動に関わるさまざまなプロセスまでサポートを受けることができます。

転職できるか不安な人

転職の意思はあるものの「本当に自分が市場で求められているのか」といった不安を抱える人にとって、スカウト型転職サイトは判断基準のひとつになります。

スカウトが届く内容次第で、あなたが市場価値が高いのか判断することができます。

スカウトを通して市場価値を確認し、転職の可能性を判断することができます。また、多様な企業からのスカウトを通じて、自分のスキルや経験がどのような業界や職種で需要があるのかを知ることもできます。

転職できるか不安な方はまずはスカウト型の転職サイトを利用することで、自身のキャリアパスについても考えるきっかけになります。

どんな業界や職種に転職するのか決まっていない人

転職先の業界や職種について具体的なイメージが固まっていない場合、スカウト型転職サイトの利用がおすすめです。

さまざまなスカウトを受けることで、これまで考えもしなかったような新たな業界からスカウトが届く可能性があります。

また、異なる企業からのスカウトを比較することで、自分の望む働き方やキャリアプランに最も適した選択肢を見つけ出すことも可能です。

サービス名特徴
リクルートダイレクトスカウト年収800万円以上も目指せるハイクラス特化転職サービス
BEET-DIRECT管理部門・バックオフィス経験者に特化したダイレクトスカウト
ビズリーチ登録するだけでハイクラス求人のスカウトが届く
転職ドラフト求職者がドラフトに参加し、企業が直接入札する
おすすめのスカウト型転職サイト

スカウト型転職サイトの利用をおすすめしない人

ここでは、スカウト型転職サイトの利用をおすすめしない人の特徴について詳しく解説します。

スキルや経験が身についていない人

スキルや経験がまだ身についていない、またはそれほど実績を積んでいない場合、スカウトが届きにくくなります。

したがって、スカウト型転職サイトを利用するよりも、自分のスキルや経験を向上させるための努力や転職エージェントのサポートを受けることを検討してみましょう。

転職したい企業が決まっている人

すでに転職したい企業を具体的に決めている人は、スカウト機能を利用するよりも、直接その企業に応募する方が効果的です。

転職エージェントや求人サイトを活用して、直接その企業にアプローチすることを心がけましょう。

転職活動をサポートしてほしい人

スカウト型転職サイトでは、書類添削や面接対策を受けることはできません。

そのため、転職活動に関するアドバイスやサポートを求める人には、スカウト機能だけでは不十分な場合があります。

転職活動をサポートして欲しい人には、転職に関するあらゆる面でアドバイスをおこなってくれる転職エージェントの利用がおすすめです。

スカウト型転職サイトを利用する際の注意点

転職活動を成功させるためには、スカウト型転職サイトを上手に活用することが重要です。

しかし、やみくもに利用すると効率的に転職活動を進めることができないため、以下の注意点を留意しましょう。

スカウトの中身を必ず確認する

スカウトが届いたからといって、中身を確認しないままやみくもに応募する行為はおすすめできません。

スカウトには一斉送信されたものと、あなたのスキルや経験に合わせて送られたものがあり、求人内容もさまざまです。スカウトの内容が希望条件とマッチしているか確認せず応募してしまうと、転職に失敗する要因となってしまします。

スカウトの内容をしっかりと精査し、選考に進むべきか判断することが大切です。

スカウト型転職サイトだけ利用しない

スカウトを待っているだけでは転職活動が長引いてしまう可能性があります。

また、登録情報が不十分だと一向にスカウトメールが届かないこともあるため、自ら積極的に求人を探すことも大切です。

そのため、複数の転職サイトや転職エージェントを併用してみましょう。

複数のサービスを組み合わせることで、多くの求人にふれることが可能となり、転職が成功する確率を上げることができます。

スカウト型転職サイトに関するよくある質問

最後にスカウト型転職サイトによくある質問にお答えします。

スカウトされた後の内定率はどれくらい?

自動送信型のスカウトは求職者関係なく送信されているため内定率が低いでしょう。

また転職エージェント経由のスカウトは、個人のスキルや経験をみてスカウトを送っているため、自動送信よりは内定率は高い傾向があります。

企業から直接送られるスカウトが登録した経歴や職務経歴書を確認しているため、最も内定率が高いといえるでしょう。

スカウトされたのに落ちることはある?

スカウトによる求人提供であっても内定は保証されません。

採用担当者はスカウトメールに基づき面接をおこないますが、スキルや経験が不十分かつ、労働条件が合わないと判断された場合には落ちることもあります。

スカウト機能を使うと会社にバレる?

スカウト機能を使っても、現在お勤めの会社にバレる心配はありません。

転職サイトに登録した個人情報は、各サイトで厳重に管理されています。

また、個人情報は企業に開示されない仕様となっているため、企業間を通じて情報が漏れる心配もありません。

スカウトは必ず返さないとダメ?

スカウトに必ず返信する必要はありません。

気になるスカウトを受け取ったときのみ返信しましょう。

オファーとスカウトの違いは?

オファーは条件にマッチした際に自動で届くメッセージであり、スカウトは企業や転職エージェントが直接送るメッセージです。

したがって、スカウトの方が採用の可能性が高まります

スカウトサービスは複数使ってもいい?

スカウトサービスは複数使っても問題ありません。

複数のサービスを利用することで、多くの求人情報を受け取ることができ転職先の選択肢が増えます。

中途採用をしていない企業からのスカウトは怪しい?

中途採用をしていない企業から届くスカウトは怪しいものではありません。

公開求人を出していないだけで、非公開求人を募集しているケースもあります。

大手企業や有名企業ではよく見られるケースであるため、あまり不信に思う必要はありません。

登録したけどスカウトがこないのはなぜ? 

スカウトがこない主な理由は以下のとおりです。

  • 自身の市場価値が高くない
  • 登録情報が不十分
  • 求人とのマッチしづらい条件を設定している

自身のプロフィールを充実させることや、複数のサービスを利用することでスカウトの機会が増えるかもしれません。

まとめ|おすすめのスカウト型転職サイト

本記事ではおすすめのスカウト型転職サイトからスカウト型転職サイトの仕組みについて解説しました。

スカウト型転職サイトを利用することで、仕事が忙しくてなかなか転職活動の時間が取れない方でも転職活動を効率的に進めることができます。

またキャリアの幅を広げることができたり、自分の市場価値を測ることができたりします。

様々なスカウト型転職サイトがあるので、自分の希望している業界や年収に合った転職サイトを利用することが大切です。

サービス名特徴
リクルートダイレクトスカウト年収800万円以上も目指せるハイクラス特化転職サービス
BEET-DIRECT管理部門・バックオフィス経験者に特化したダイレクトスカウト
ビズリーチ登録するだけでハイクラス求人のスカウトが届く
転職ドラフト求職者がドラフトに参加し、企業が直接入札する
おすすめのスカウト型転職サイト
  • URLcopy

上場支援、CGコードの体制構築などに長けた、専門性の高い「弁護士」を社外取締役候補としてご紹介。事業成長とガバナンス確保両立に、弁護士を起用したい企業様を支援している。

maillogo

無料のメールマガジン登録を受付中です。ご登録頂くと、「法務・経営企画・採用戦略などのお役立ち情報」を定期的にお届けします。