40代ハイクラス向けおすすめ転職エージェント13選|求められるスキルや成功のコツを解説

MAGAZINE編集部のアバター
社外役員選任チーム

MAGAZINE編集部

  • twitter
  • facebook
  • line
  • linkedin
  • URLcopy
本記事は、転職エージェント公式サービス(リクルート・マイナビ・ビズリーチ等)の広告リンクを含みます。

ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

「40代でハイクラス転職したいけど、おすすめの転職エージェントを知りたい」

このように悩んでいる40代の方は少なくありません。

40代は20代や30代と比べるとハイクラス転職の難易度が高いのは事実です。

しかし、マネジメントスキルや専門性、豊富な経験値など40代ならではのスキルをアピールすることができれば、十分ハイクラス転職は可能です。

ハイクラスに強い転職エージェントを利用することで、より成功確率を高めることができるでしょう。

本記事では40代のハイクラス転職におすすめの転職エージェントを紹介します。

サービス名特徴
リクルートダイレクトスカウト年収800万円以上も目指せるハイクラス特化転職サービス
BEET管理部門・バックオフィスの管理職やCXO求人が豊富
NO-LIMIT弁護士など法曹業界出身者の転職支援を専門におこなう
ビズリーチ登録するだけでハイクラス求人のスカウトが届く
type転職エージェントハイクラス年収800~1,500万円以上の求人を多数取り揃える
ランスタッドグローバルや外資系企業に強いコンサルタントが在籍
40代ハイクラス転職におすすめの転職エージェント
目次
EXE
EXE

上場企業等での社外役員経験や非常勤監査役経験を持つ専門家をご紹介。社外役員兼務社数4社以下、経験年数10年以上、女性社外役員など、800名以上のプロフェッショナルとマッチングが可能です。

40代ハイクラス転職におすすめの転職エージェント13選

それでは、40代のハイクラス転職におすすめの転職エージェントを紹介します。

ハイクラス転職は求人が公開されているケースが少なく、非公開求人であることが一般的です。

自分に合った求人を増やすためにも複数の転職エージェントを利用しましょう。

リクルートダイレクトスカウト

RDS

公式サイト:https://directscout.recruit.co.jp/

ハイキャリア転職を専門とするリクルートダイレクトスカウトの強みは、待つだけで転職活動を進められることです。登録してレジュメを公開すると、ヘッドハンターや企業からスカウトが届く仕組みで、求人を探す手間を省いて効率的に仕事を見つけられます。

転職のハードルが上がる40代の転職活動では、会社規模や年収などの条件を狭めすぎないことが大切です。リクルートダイレクトスカウトなら、経験豊富なヘッドハンターが実力を発揮できる仕事を探してくれるため、キャリアの可能性を広げられるでしょう。

高年収の求人が多いことも、40代の方にとって魅力的なポイントです。

サービス名リクルートダイレクトスカウト
運営会社株式会社リクルート
公開求人数25万3,353件(2023年11月時点)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・年収800万〜2,000万円の求人が多い
・時間をかけずに転職活動ができる
・マッチ度の高い求人を教えてもらえる
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/

BEET

BEET

公式サイト:https://beet-agent.com/

BEETは、40代の管理部門・バックオフィス経験者が望むハイクラス求人を多数取り扱っています。

専門性を活かすスペシャリスト枠から、マネジメント経験者を求めるマネージャー・管理職候補の求人まで、多様なポジションがそろっています。

企業規模も大手から中小まで様々ですが、とくにベンチャー企業やIPO準備中企業の優良求人が豊富です。部門立ち上げや新規事業のサポート、IPO準備など今しかない貴重な機会に携われる求人に出会えます。

ひとくちに「ハイクラス転職」といっても、様々なキャリアパスが存在します。まずはご自身の市場価値を確かめるため、無料のキャリア相談を受けてみてはいかがでしょうか。

サービス名BEET
運営会社株式会社アシロ
公開求人数すべて非公開
非公開求人数1,528件(2023年11月時点)
おすすめポイント・管理部門やバックオフィス人材に特化
・特定分野のハイクラス求人が豊富
・企業の内情を聞けたり、スカウトがもらえる
対応地域東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪
公式サイトhttps://beet-agent.com/

NO-LIMIT

公式サイト:https://no-limit.careers/

40代の法務経験者がハイクラス転職を目指すならNO-LIMITがおすすめです。

一般企業の法務部員のほか、知財経験者や弁護士資格保有者の転職に強いエージェントです。もともと法律事務所の集客支援サービスから派生した人事紹介サービスのため、法務人材のキャリアに詳しいアドバイザーが在籍しています。

2023年3月に集計されたアンケート結果によると、NO-LIMITのアドバイザー満足度は驚異の92.7%となっています。またアドバイザーによる書類添削後の選考突破率は70%となっており、これらの数字からサポートの手厚さが伺えます。

40代での転職は20代30代での転職と比べて、経験やスキル、アピールの仕方によってはなかなか選考を通過できないこともあるでしょう。転職に不安や懸念があるときは、NO-LIMITのように安心できる実績がある転職エージェントを選びましょう。

サービス名NO-LIMIT
運営会社株式会社アシロ
公開求人数128件(2023年11月時点)
非公開求人数600件以上(2023年11月時点)
おすすめポイント・法曹業界の転職に特化
・担当アドバイザーの転職ノウハウが豊富
・士業事務所から大手・ベンチャー企業まで多様な求人を保有
対応地域東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪
公式サイトhttps://no-limit.careers/

ビズリーチ

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

ハイクラス転職に特化したビズリーチでは、登録すると企業、またはヘッドハンターからスカウトを受けられます。

一般的に、転職市場には20代〜30代向けの求人が多く、40代を対象とした求人は見つかりにくいものです。しかし、スカウトサービスなら40代を歓迎する企業の求人紹介が見込めるため、年齢を不利に感じることなく転職活動に取り組めるかもしれません。

実際、ビズリーチを利用した転職者のうち、4割以上(※1)の方が40代です。また、40代の転職後年収は平均960万円(※2)と高く、役職者からの転職でも高い評価を得ているのが特徴です。

(※)ビズリーチの公式サイト(※1)(※2)を参照

サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数10万3,082件(2023年11月時点)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・好待遇の求人を多数保有
・質の高いスカウトが届く
・自分の市場価値を測れる
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

type転職エージェントハイクラス

公式サイト:https://type.career-agent.jp/service/middle/

type転職エージェントハイクラスでは、マネジメント職やエグゼクティブ層、スペシャリストの求人情報が充実しています。40代の転職支援実績が豊富で、実際の事例をもとに幅広い業界・職種の提案を受けられるため、今後のキャリアに迷っている方やキャリアチェンジを検討している方にもおすすめです。

また、徹底した転職サポートも特徴で、20年以上蓄積してきたデータを参考に、企業別に内定獲得のためのノウハウを教えてもらえます。40代がアピールすべき経験やスキルなどの具体的なアドバイスも得られ、転職成功の可能性を高められるでしょう。

サービス名type転職エージェントハイクラス
運営会社株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数1万785件(2023年11月時点)
非公開求人数1万8,565件(2023年11月時点)
おすすめポイント・ハイクラスに特化したアドバイスを受けられる
・ハイクラスや役員の求人あり
・高年収の求人が多い
対応地域東京、神奈川、埼玉、千葉を中心に全国/海外
公式サイトhttps://type.career-agent.jp/service/middle/

ランスタッド

公式サイト:https://www.randstad.co.jp/

世界39ヵ国に拠点をもつランスタッドは、外資系企業への転職支援を強みとしています。実際、約4,800件ある公開求人のうち、3割近く(※)が外資系の求人です。また、約8割の求人が非公開とされているため、登録すると好条件の求人を紹介してもらえる可能性があります。

コンサルタントは医療・医薬、消費財、製造、テクノロジーなどに分かれた専任制で、40代の転職で重要なステップとなる応募書類の作成にも力を入れています。求人紹介から入社後のフォローまで一貫してサポートを受けられ、転職活動の良きパートナーとなるはずです。

(※)2023年11月時点。公開求人のうち、「外資系企業」を条件指定して割合を算出

サービス名ランスタッド
運営会社ランスタッド株式会社
公開求人数4,788件(2023年11月時点)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・外資系・日系グローバル企業の求人が多い
・ハイクラス転職のサポートが充実
・年収1,000万円以上の求人あり
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://www.randstad.co.jp/

doda X

公式サイト:https://doda-x.jp/

doda Xは、ハイクラス・エグゼクティブ層の転職支援に特化した転職エージェントです。公式サイト上の「わたしの転職体験談」には40代の体験談が多く、年収維持、または年収アップに成功した方が多数いることも伺えます。

doda Xでは、ヘッドハンターからスカウトが届く「ヘッドハンティングサービス」と、自分で求人を検索して応募を決める「求人紹介サービス」の2つの転職方法が利用可能です。どちらのサービスでも、企業の内情や求める人物像などの詳しい情報を共有してもらえるため、納得した状態で選考に進めるのがメリットです。

サービス名doda X
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数4万705件 (2023年11月時点)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・キャリアアップ・年収アップに期待できる
・管理職やハイキャリアポジションの求人を保有
・手間なく転職活動を進められる
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://doda-x.jp/

doda

公式サイト:https://doda.jp/

dodaを利用するメリットは、豊富な求人から自分に合った仕事を探せることです。2023年11月時点で26万件(※)近い求人があり、40代正社員向けの求人が充実しています。「外資系企業」「マネジメント職」などでの絞り込みもでき、希望条件を満たす仕事を見つけられるでしょう。

dodaのおもな転職方法には、転職サポートが受けられる「エージェントサービス」と、自分で転職活動を進める「直接応募」の2種類があります。エージェントサービスでは、自身の強みやアピールポイントなどのアドバイスが得られ、40代の経験やスキルが活かせる企業を提案してもらえるはずです。

(※)公開求人と非公開求人の合計数

サービス名doda
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数22万1,226件(2023年11月時点)
非公開求人数3万4,439件(2023年11月時点)
おすすめポイント・多くの求人の中から選べる
・自分のペースで転職活動を進められる
・徹底してサポートしてもらえる
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://doda.jp/

LHH転職エージェント

公式サイト:https://jp.lhh.com/

LHH転職エージェントは、世界最大級の人材サービス企業「アデコグループ」の転職エージェントです。コンサルタントは職種別の担当制となっており、経験職種や応募先の職種に関する深い知見をもとに、転職を成功へと導いてくれます。

40代の転職で関門ともいえる書類選考でも、職種に合ったアドバイスを受けられるため、選考突破の可能性を高められるでしょう。

また、一人のコンサルタントが求職者と企業の両面を担当する「360度式コンサルティング」により、マッチ度の高い求人提案を実現しているのもポイントです。

サービス名LHH転職エージェント
運営会社株式会社アデコ
公開求人数3万29件(2023年11月時点)
非公開求人数3万9,778件(2023年11月時点)
おすすめポイント・質の高いサポートが受けられる
・企業の情報を正確に知ることができる
・3人に2人が平均101万円の年収アップに成功
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://jp.lhh.com/

BEET AGENT

公式サイト:https://beet-agent.com/

BEET AGENTは、経理、人事、総務、経営企画、法務などの管理部門に特化した転職エージェントです。事業戦略を担う重要ポジションや成長企業、IPO準備中企業などの求人もあり、幅広い企業の中からスキルを活かせる仕事を紹介してもらえるでしょう。

登録すると、管理部門の転職支援を専門とするキャリアアドバイザーから、転職成功のためのサポートを受けられます。応募書類の添削や面接対策に加えて、特化型エージェントならではの詳しい情報提供にも期待できそうです。

サポート対象は経験者に限定されており、管理部門でのキャリアアップを後押ししてもらえます。

サービス名BEET AGENT
運営会社株式会社アシロ
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
おすすめポイント・管理部門・バックオフィスに特化した転職エージェント
・求職者に寄り添った丁寧な転職サポート
・キャリアアップを目指す方にもおすすめ
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://beet-agent.com/

コトラ

公式サイト:https://www.kotora.jp/

ハイクラス・プロフェッショナル人材を専門とするコトラでは、金融、コンサルティング系を中心として転職を支援しています。外資系や管理職、高収入の求人もあり、キャリアアップを目指す方にもおすすめです。

最大の特徴は、コンサルタントから丁寧な転職サポートを受けられることです。マッチング精度の高い求人の紹介や企業・職種に合わせた職務経歴書の添削、企業ごとの面接対策などにより、転職成功の道筋を示してもらえるでしょう。

求人検索の「おすすめ年齢」より40代を対象とした求人を絞り込めるため、効率的に仕事探しができるのもメリットです。

サービス名コトラ
運営会社株式会社コトラ
公開求人数2万2,866件(2023年11月時点)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・金融・コンサル業に転職したい
・ハイクラス転職に挑戦したい
・質の高いサポートを受けたい
対応地域東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡/海外
公式サイトhttps://www.kotora.jp/

ムービン・ストラテジック・キャリア

公式サイト:https://www.movin.co.jp/

ムービン・ストラテジック・キャリアは、創業から25年以上もの間、コンサル業界の転職支援に特化してきた転職エージェントです。コンサル出身者による転職支援とあって、コンサルタントならではの転職事情やキャリアの悩みに寄り添ったサポートに期待できます。

国内コンサルファームの約95%(※)が網羅されており、40代を積極採用中のファームの求人も多数あるようです。また、コンサル未経験者の支援実績も豊富で、これまでの経験から評価されるポイントを見つけてくれるため、キャリアチェンジを検討している40代の方も利用してみるとよいでしょう。

(※)ムービン・ストラテジック・キャリアの公式サイトを参照

サービス名ムービン・ストラテジック・キャリア
運営会社株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
おすすめポイント・コンサルティング業界に特化した転職エージェント
・国内95%のファームの求人を網羅
・転職支援実績が豊富で、企業からの信頼も厚い
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://www.movin.co.jp/

転職ドラフト

公式サイト:https://job-draft.jp/

転職ドラフトは、ドラフトにエントリーしたエンジニアが、企業の公開競争入札を受けて転職を決めるサービスです。登録してレジュメを作成すると、エントリー可否の審査がおこなわれ、一定レベル以上のエンジニアのみがドラフトに参加できます。

企業からより高い評価を得られるよう、運営チームによるレジュメの添削を受けられるのもメリットです。

転職ドラフトがほかのエージェントと異なるのは、入札時に明確な年収と仕事内容が示される点です。内定後ではなく、選考前にリアルな情報を把握できるため、納得して選考に取り組めるうえ、自身の市場価値の認識にも役立ちます。

サービス名転職ドラフト
運営会社株式会社リブセンス
公開求人数25件(2023年11月時点)※「自己推薦枠一覧」の求人数
非公開求人数-
おすすめポイント・自分の市場価値を把握できる
・年収アップに期待できる
・企業とのミスマッチが起こりにくい
対応地域掲載なし
公式サイトhttps://job-draft.jp/

40代ハイクラス向けの転職エージェントの選び方

40代のハイクラス転職において、転職を成功させるためにも自分にあっている転職エージェントを選ぶことは重要です。

そこで、ハイクラスに特化した転職エージェントの選び方について解説します。

ハイクラスに特化しているか

40代の転職活動は通常の転職とは異なり、ハイクラスな求人に特化した転職エージェントを選ぶことが重要です。

ハイクラスな求人に特化していない転職エージェントでは、希望する条件にあった企業が見つからない可能性があります。

また自分に合っていない転職エージェントを利用すると、キャリアアップどころか給料や待遇が下がるリスクすら考えられます。

エージェントがハイクラスな求人を取り扱っているか、キャリアアドバイザーが業界に精通しているかを事前に確認しておきましょう。

非公開求人が多いか

一般的な公開求人では、40代ハイクラス転職したい方の希望とマッチしないでしょう。

40代のハイクラス人材を採用する場合は、新規事業の立ち上げや役員など競合には知られたくない求人であることが多いです。

そのため、40代でハイクラス転職するためには、非公開求人の多い転職エージェントを選ぶよう心がけましょう。

担当者が希望している業界に精通しているか

40代のハイクラス転職において、担当となったエージェントが希望する業界や職種に精通しているかは転職エージェントを選ぶ上で大切です。

業界や職種に精通しているエージェントは、転職者のニーズや要件を理解し、適切な求人情報やアドバイスを提供してくれるためです。

転職市場の動向からキャリアについてアドバイスを受けることも可能でしょう。

サービス名特徴
リクルートダイレクトスカウト年収800万円以上も目指せるハイクラス特化転職サービス
BEET管理部門・バックオフィスの管理職やCXO求人が豊富
NO-LIMIT弁護士など法曹業界出身者の転職支援を専門におこなう
ビズリーチ登録するだけでハイクラス求人のスカウトが届く
type転職エージェントハイクラス年収800~1,500万円以上の求人を多数取り揃える
ランスタッドグローバルや外資系企業に強いコンサルタントが在籍
40代ハイクラス転職におすすめの転職エージェント

40代のハイクラス転職の実情

40代のハイクラスな転職を成功させるためには、転職市場を理解しておく必要があります。

以下でその実情について詳しく解説します。

求人の母数が減る

40代のハイクラス転職において、最初に直面する課題は求人の数の減少です。

40代は経験豊富なプロフェッショナルとして、高い給与水準を維持しながら、即戦力としての価値を提供することが求められます。

そのため、転職市場における適したポジションが限られ、求人募集の数も少なくなります。

柔軟性が懸念されることも

40代の転職者は豊富な経験をもっていますが、その経験からくるプライドが柔軟性を欠いてしまうことも懸念されます。

企業側は「価値観が確立しているため、新しい風土になじみにくいのではないか」「時代の変化についていけていないのではないか」と考え、採用に慎重な姿勢をとることがあります。

そのため、40代の柔軟性や適応能力を評価してもらうことが重要です。

転職成功のカギは、過去の経験を活かしつつ、新しい環境に対応できる柔軟性をアピールすることにあります。

異業界で活躍する40代が多い

一方で異業界で活躍する40代の例も多く見受けられます。

時代の変化や新たなビジネスチャンスに敏感な企業では、経験豊富な40代の候補者を積極的に採用しています。とくに中小やベンチャー、新規事業を展開する企業では、40代の経験とリーダーシップが必要です。

したがって、転職活動を成功させるためも自身の経験を最大限にアピールし、異業界での新たな挑戦を積極的に検討する必要があります。

40代でハイクラス転職をするメリット

40代がハイクラス転職をおこなうメリットは多岐に渡ります。

メリットを理解し転職活動を進めることで、成功への一歩を踏み出すことができます。

さらなるキャリアアップが狙える

40代になると、自身の経験やスキルが豊富であるため、さらなるキャリアアップを目指すことができます。

これまでのキャリアで培った知識と経験を活かし、転職を機に上位のポジションを狙うことが可能です。

また、企業は40代の求職者に対して、マネジメントスキルやリーダーシップを高く評価する傾向があります。現在の職場では昇進のチャンスが限られているかもしれませんが、転職先の新たな環境では、キャリアアップや年収アップが見込めます。

キャリアの選択肢が広がる

今までの経験やスキルを活かすことで、異業界への転職や、専門性を活かしたポジションへの挑戦が可能です。

異なる業界や分野での経験は、新たな視点をもたらし、自己成長につながります。転職を通じて自分の可能性を広げながら、キャリアの選択肢を多様化させましょう。

企業側の採用ニーズを満たしている

40代の転職者は、企業側にとっても魅力的な存在です。

経験が豊富でありながら、まだまだ長いキャリアを築けるため、企業が求めるニーズに合致しやすくなっています。

とくに経営層や管理職ポジションを採用する際には、40代の転職者が積極的に検討されます。

経験やスキルのある40代の方は市場価値が高く、転職できる可能性が高いでしょう。

サービス名特徴
リクルートダイレクトスカウト年収800万円以上も目指せるハイクラス特化転職サービス
BEET管理部門・バックオフィスの管理職やCXO求人が豊富
NO-LIMIT弁護士など法曹業界出身者の転職支援を専門におこなう
ビズリーチ登録するだけでハイクラス求人のスカウトが届く
type転職エージェントハイクラス年収800~1,500万円以上の求人を多数取り揃える
ランスタッドグローバルや外資系企業に強いコンサルタントが在籍
40代ハイクラス転職におすすめの転職エージェント

 40代のハイクラス転職で求められるスキルや経験

40代になると、転職市場において専門的なスキルや経験が求められます。

以下では、40代でハイクラス転職に求められるスキルと経験について詳しく解説します。

 マネジメントスキル

40代のハイクラス転職において、マネジメントスキルは重要なスキルのひとつです。

多くの求人の場合、上位のポジションでリーダーシップの役割が求められるため、チームを統率し、プロジェクトを成功に導く能力が必要となります。

組織運営や戦略策定に関与し、チームメンバーを指導・育成できるマネジメント経験は、企業にとって重宝されるスキルです。

また、経営に近いポジションを志望する場合、会社全体の方向性や競合の動向を把握し、戦略的な意思決定をおこなう能力も求められます。

40代の転職者は、これらのスキルを積極的に磨くことで、採用確率を上げることが可能です。

 専門的なスキル

40代でのハイクラス転職では、専門的なスキルや知識も大きな武器となります。

自身の専門分野において積み重ねた経験や実績は、企業からの信頼性を高め、他の転職者との差別化が図れることが利点です。

したがって、転職活動中に自身の専門性を具体的な実績や成果とともにアピールすることが大切です。

 幅広い人脈

40代のハイクラス転職において、幅広い人脈は求められるもののひとつです。

とくに営業職の場合、特定の業界や企業に対する豊富な人脈をもつことは、転職活動を有利に進めるポイントとなります。

人脈は信頼関係やビジネスチャンスを生み出し、求人企業から高く評価されます。

自身の人脈をアピールし、転職先での貢献を示すことが重要です。

 柔軟性

40代になると、自身の価値観や経験が確立されている傾向にありますが、ハイクラス転職においては柔軟性が求められます。

新しい環境や価値観に順応し、変化に適応できる姿勢が必要です。

転職先の企業理念や文化に共感し、自身の柔軟性を示すことが求められます。また、異なるバックグラウンドや考え方をもつ同僚や部下と協業できる経験もアピールポイントです。

40代の方々は、柔軟性と協調性を意識して転職活動に取り組むことが成功への鍵となります。

40代のハイクラス転職を成功させるためには、これらのスキルや経験を磨き、転職活動に臨むことが重要です。自身の強みを最大限に活かし、新たなキャリアに向けて前向きに取り組みましょう。

40代でハイクラス転職をする際の注意点

この項目では、40代でハイクラス転職をする際の注意点を解説します。

以下の3つの注意点を押さえて、転職活動をおこなっていきましょう。

40代は即戦力が求められる

企業は40代の転職者に対して、即戦力として活躍できる人材を求めています。

これまでのキャリアを積み重ねてきたことを自信に変え、自分の強みをしっかりとアピールしましょう。

そのため、今まで経験したことのない業界や職種への転職は難しいかもしれません。

仮に異業種異職種への転職を目指す場合は、今までの経験をどのように活かせるのかをアピールすることが大切です。

自分の経験やスキルに固執しない

40代の転職者が陥りやすいのが、自分の経験やスキルに固執することです。

企業ごとに文化が異なり、仕事の進め方は異なります。

過去の成功体験や専門的なスキルは大切ですが、柔軟性をもち、新しいことにもチャレンジする姿勢が求められます。

自分なりのやり方に固執してしまうと、企業とのギャップが生まれ早期離職につながることも考えられます。

年収ばかりに焦点を当てない

40代の転職活動において年収は転職先を選ぶ重要な要素ですが、そればかりに焦点を当ててしまうと転職がうまくいかない可能性があります。

年収だけでなく、企業の将来性やキャリアパス、福利厚生といった条件を総合的に考慮しましょう。

40代でのハイクラス転職は大きなチャレンジですが、適切なアプローチと柔軟性をもつことで、成功への道を切り拓くことができます。

サービス名特徴
リクルートダイレクトスカウト年収800万円以上も目指せるハイクラス特化転職サービス
BEET管理部門・バックオフィスの管理職やCXO求人が豊富
NO-LIMIT弁護士など法曹業界出身者の転職支援を専門におこなう
ビズリーチ登録するだけでハイクラス求人のスカウトが届く
type転職エージェントハイクラス年収800~1,500万円以上の求人を多数取り揃える
ランスタッドグローバルや外資系企業に強いコンサルタントが在籍
40代ハイクラス転職におすすめの転職エージェント

 40代でハイクラス向けの転職エージェントを利用する流れ

40代のハイクラスな転職は、簡単なことではありません。しかし、転職エージェントを上手に活用することで、求人のリサーチや企業側へのアピールが効率的におこなえます。

そこでこの項目では、転職エージェントの利用を検討している方に向けて利用する際の流れについて詳しく紹介します。

転職エージェントに登録する

最初のステップは、転職エージェントに登録することです。

登録時には、あなたの希望条件やプロフィール、職務経歴などの情報を入力します。

登録する内容はエージェントが適切な求人を見つけ、あなたの転職活動を効果的にサポートするために重要です。

希望条件は、希望する職種や勤務地、年収などを具体的に入力しましょう。

担当者と面談する

登録が完了したら、転職エージェントの担当者と面談をおこないます。あなたのキャリアや転職の目的を詳しく話す重要な機会です。

担当者はあなたの希望条件に合った求人を提案するために、キャリアプランや転職理由をヒアリングします。

紹介される求人の質にかかわるため、自分の希望を正直に伝えましょう。

 求人を紹介してもらう

担当者との面談を通じて、転職エージェントはあなたに適した求人情報を提供してくれます。

転職エージェントのネットワークを活用し、あなたのニーズに合った企業を見つけましょう。

求人情報は日々更新されるため、定期的なコミュニケーションが成功への鍵です。

もし自分の希望と合わない場合は、どんな求人が欲しいのか具体的に要望を伝えましょう。

書類選考・面接選考へ進む

提供された求人の中から企業を選定したのち、書類選考と面接選考に進みます。

書類選考では、企業があなたの履歴書や職務経歴書を審査し、最初の選考をおこないます。

書類選考で通過するためにも、自己PRや志望動機を明確にし、経歴やスキルを強調することが大切です。

また、転職エージェントでは関係書類の作成をサポートしてくれるため、的確かつ効率的に書類を作成することができます。

ハイクラスの転職企業では、厳格な評価基準に基づいておこなわれる傾向にあるため、自信をもって臨むために事前準備が欠かせません。

そこで、エージェントの指導を受けながら自己アピールや質問への答え方を磨き、面接対策を事前におこなっておきましょう。

 内定獲得

内定を獲得することができれば、理想の就職まであと一歩です。

企業から提示された条件について、あなたの希望を最大限に考慮し、エージェントを通じて交渉をおこないます。

また、内定後の交渉は慎重におこない、双方が納得する条件で折り合いがつくよう心がけましょう。

交渉が成立した後は、退職の手続きや新たな職場への移行に向けて準備を進めます。

転職エージェントは、この段階でもサポートを提供してくれるため、最後まで安心して転職活動がおこなえます。

40代がハイクラス向けの転職エージェントを活用するコツ

40代の方がハイクラス転職を成功させるために転職エージェントを活用する際のコツをご紹介します。

スキルや経験は正直に伝える

転職エージェントと良好な信頼関係を築くことが、転職を成功させるためのコツです。

良好な信頼関係を築くことで、自身のスキルや経験を正直かつ詳細に伝えることができます。

エージェントとの関係を疎かにしてしまうと、適切な情報交換がおこなえず、条件に見合った求人がもらえないことも考えられるため注意が必要です。

 譲れない条件を決める

ハイクラス転職において、譲れない条件を明確にしましょう。

給与や勤務地、職種など各種条件に優先順位を設定することがコツで、エージェント側も利用者のニーズをくみとりやすくなり、効果的に求人を探し出すことができます。

優先順位が高く、譲れない条件下の求人をエージェントから提供してもらうことで、効率的に企業選定がおこなえます。

連絡はこまめに取る

転職活動は、こまめな連絡が成功への鍵となります。

なぜなら転職エージェントからの連絡や提案には素早く対応することで、転職の意欲を伝えることができるからです。

転職エージェントは求職者が企業へ入社したことで紹介料をもらう仕組みを取っています。

そのため、転職の成功率が高い方を優先的にサポートします。そのため、返信が遅い方や転職希望時期が遅い方は優先度が下がってしまうのです。

優先的に転職エージェントにサポートしてもらうため、転職エージェントとのやり取りは素早く返すことを心がけましょう。

非公開求人を活用する

非公開求人とは、一般の求人情報サイトや広告には出てこない、企業が直接転職エージェントに依頼する求人のことを指します。

40代でハイクラス転職したい方の求人は、新規事業立ち上げや役員ポジションなど非公開求人であることが多いです。

そのため、ハイクラス転職を成功させるためには非公開求人にどれだけアクセスするかが重要です。

そもそも非公開求人は競争率が低く、給与や福利厚生が魅力的な場合が多いことから、積極的にリサーチしておきたい求人でもあります。

非公開求人は転職エージェントに登録しない限り確認することができないため、転職エージェントに登録しましょう。

複数の転職エージェントを利用する

ひとつの転職エージェントに依存せず、複数のエージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントごとに保有している求人数や得意としている業界が異なります。

複数のエージェントを利用することで、異なる求人情報にアクセスでき、転職先の選択肢が広がります。

また、異なるエージェントの視点からアドバイスを受けることで、最適な転職が実現しやすくなることも利点です。

相性が悪い場合は変更する

転職エージェントとの相性は、転職を成功させるためには欠かせない要素のひとつです。

良好な信頼関係を築き、円滑なコミュニケーションが取れる環境下ではじめて効率的な転職活動がおこなえます。

アドバイスや提案が自身の希望と合わない、コミュニケーションがスムーズにおこなえない場合は、ためらわずにエージェントを変更しましょう。

転職はあなた自身のキャリアに関わるため、信頼できるエージェントと進めることが大切です。

サービス名特徴
リクルートダイレクトスカウト年収800万円以上も目指せるハイクラス特化転職サービス
BEET管理部門・バックオフィスの管理職やCXO求人が豊富
NO-LIMIT弁護士など法曹業界出身者の転職支援を専門におこなう
ビズリーチ登録するだけでハイクラス求人のスカウトが届く
type転職エージェントハイクラス年収800~1,500万円以上の求人を多数取り揃える
ランスタッドグローバルや外資系企業に強いコンサルタントが在籍
40代ハイクラス転職におすすめの転職エージェント

40代のハイクラス転職によくある質問

最後に40代ハイクラス転職に関するよくある質問にお答えします。

複数の転職エージェントに登録してもいい?

複数のエージェントに登録することは可能です。

異なるエージェントを利用することで、多くの求人情報にアクセスでき、自身の希望条件に合った転職先を見つけやすくなるため、むしろおすすめの方法です。

 40代での転職は転職エージェントに断られる?

年齢で転職エージェントに断られることはほとんどありません。

むしろ、40代は経験やスキルが豊富で、企業にとって価値のある人材として評価される傾向にあります。年齢は気にせず、転職エージェントを活用しましょう。

 転職回数は転職に影響する?

短期間での転職を繰り返している場合は、転職の難易度は高くなってしまうでしょう。

ただし、転職を繰り返す適切な理由や豊富なスキル、経験があれば、それほど気にする必要はありません。

とくに外資系企業では職歴よりもスキルや経験が求められるため、転職回数の影響度は高くありません。

まとめ|40代ハイクラス転職におすすめの転職エージェント

本記事では40代がハイクラス転職を成功させるためにおすすめの転職エージェントからコツ・注意点を解説しました。

40代でのハイクラス転職の求人は非公開求人であることが一般的です。

そのため、ひとりで転職しようとしても、満足のいく求人に出会えない可能性が高いでしょう。

ハイクラスに特化した転職エージェントを利用することで、あなたの希望にマッチした求人を紹介してくれるはずです。

サービス名特徴
リクルートダイレクトスカウト年収800万円以上も目指せるハイクラス特化転職サービス
BEET管理部門・バックオフィスの管理職やCXO求人が豊富
NO-LIMIT弁護士など法曹業界出身者の転職支援を専門におこなう
ビズリーチ登録するだけでハイクラス求人のスカウトが届く
type転職エージェントハイクラス年収800~1,500万円以上の求人を多数取り揃える
ランスタッドグローバルや外資系企業に強いコンサルタントが在籍
40代ハイクラス転職におすすめの転職エージェント
  • URLcopy

上場支援、CGコードの体制構築などに長けた、専門性の高い「弁護士」を社外取締役候補としてご紹介。事業成長とガバナンス確保両立に、弁護士を起用したい企業様を支援している。

maillogo

無料のメールマガジン登録を受付中です。ご登録頂くと、「法務・経営企画・採用戦略などのお役立ち情報」を定期的にお届けします。